タグ:透明なお湯 ( 27 ) タグの人気記事


2006年 09月 13日

鉛温泉 藤三旅館

「岩手の温泉で好きなところはどこですか?」
私がそんなことを聞かれたら、必ず名前が出てくる温泉です。

ここ鉛温泉藤三旅館は昭和16年に建築されたひのき造りの宿です。
有名なのはなんといっても足元湧出の「白猿の湯」。
浴室の入り口を開けると、すぐに階段があり地階へと下りて行きます。
その浴室は3階の高い吹き抜けになっています。

c0091363_1474268.jpg

小判型の浴槽の真ん中から透明なお湯がこんこんと湧き出ています。
この浴槽はめずらしい立ち湯。1.25mの深さがあるそうで、ちびっこの私は一番深いところに行くと鼻まで沈んでしまいます。
肌がつるっとするアルカリ性のお湯です。

足元から湧出しているお湯が、音もなく浴室の床を流れ静けさがたちこめます。
一人でお湯につかっているとなんともいえない気持ちよさがこみあげてきます。
また、他の方とご一緒になっても話に花が咲く湯船です。
立ち湯ってみんなで入ると楽しいんですよ!

2~3年前には露天風呂&内湯の「桂の湯」も新しくできました。
こちらは白猿の湯のお向かい、川沿いにあります。

c0091363_14161342.jpgc0091363_14162353.jpg

新しいだけあって、アメニティも充実。無料のカギつき貴重品ロッカーもあります。
私が髪を洗う時はいつもここです。
川を眺めながら入る露天風呂もなかなかの気持ちよさ。
ぐっとカーブした湯船のつくりがなぜか心地よさを感じます。

他にも白糸の湯・河鹿の湯・龍宮の湯などがあり、館内で湯めぐりが楽しめます。
男女別の内湯は夜に入れ替えがあります。
宿泊すると全てのお湯に入ることができます。

自炊部・旅館部ともに宿泊をしましたが、旅館部は部屋食です。
部屋食とは思っていなかったので、びっくりでした。

c0091363_14284633.jpg
食べきれないかも!?というほどのたくさんの料理。(食べちゃいますけど・・)
部屋でゆっくりと食べるご飯はすごーく贅沢な感じ・・・。

c0091363_14302890.jpg
部屋の外には川が流れていました。
ちょうどライトアップをするシーズンだったようで外が青いんです・・。

鉛温泉が好きな理由はもう一つあって、宿の方々の対応がとてもいいということです。
日帰り入浴のお客さんが帰られる時、わざわざ帳場からご挨拶に出てくれたり、
泊まった翌朝、朝食前に帰らなくてはいけない時、お弁当をつくってくださったこともあります。
そんな心遣いがとてもうれしいですね。

鉛温泉の手前には、川沿いの露天風呂が有名な「大沢温泉」があります。
「鉛温泉+大沢温泉入浴券」が800円で販売されています。
ぜひ両方とも立ち寄り湯をしてみてくださいね。

源泉:アルカリ性単純高温泉(源泉が4つありますが代表的なものを)
入浴時間:7:00~21:00(受付は20:00) 入浴料:700円
「白猿の湯」女性専用時間:8:00~9:00、14:00~15:00、19:00~20:30
[PR]

by tabistyle | 2006-09-13 14:45 | 温泉 岩手
2006年 09月 08日

八幡平温泉郷 元湯七滝

八幡平温泉郷は松川温泉の地熱発電所からの引き湯「八幡平温泉マグマの湯」が
配湯されている温泉郷です。

大きな施設が多いのであまり足を運ぶことがなかったのですが、一つだけ
ずーーっと気になっているところがあったのです。
そこは、食事処の旗がはたはたと立ち並ぶ、いわゆるB級っぽいところ・・・。
女性一人で行くには・・・んん・・・となかなか入れずにおりました。

でも「元湯」か・・気になる・・・。
そしてある日、その旗の中に「露天風呂」の一文字を見てついに潜入を決意したのです!
おー!(やる気)

c0091363_133316100.jpg
ペンションや別荘が立ち並ぶ通りに元湯七滝はあります。
右側は食事処。
結構広くて、畳の大広間で宴会している地元の皆さんや、テーブル席で食事を楽しむご家族がいらっしゃいました。

その食堂を通り過ぎ、ドアを開けると温泉にたどりつきます。

c0091363_13365880.jpgc0091363_13371177.jpg

こちらが内湯です。透明なお湯でほのかに硫黄の香りがします。
あまり、立ち寄り湯をする方は多くないのでしょうか。ひとりじめの時間が続きます。
熱くてぴしっとするお湯ですね。

さて、内湯を出て露天風呂へ・・・。
露天風呂は新しくできたとのこと。意外?なことに混浴でした。
こんなところで露天風呂に出会えるとは・・・。
食堂の宴会は相変わらず盛り上がっているようですが、誰も温泉に来る気配がないので
ささーっと向かいます。
女性の脱衣所から露天風呂の脱衣所はドア一つでつながっています。
(男性は露天風呂の脱衣所を使うことになります)

c0091363_1343058.jpgc0091363_13431447.jpg

なかなかちょうどいいサイズ♪
周りの眺めはよくありませんが、こんなところで露天風呂に入れるなんてなあ・・・
としみじみしつつ入ると・・・・足の裏が・・・・・「ざらっ」
あ・・・白い湯の花がたくさん沈んでます!!
おおーーー!!っと一人感動・・・・・八幡平温泉郷でこんな場所があったとは・・・。
しばし湯の花とたわむれタイム♪

ほんと温泉は入ってみないとわからないものですね~。
今回は「温泉アンテナ」がいい働きをしたようです♪
八幡平温泉郷の中ではかなりレベル高し!と思われますよ!

入浴料:300円 入浴時間:9:00~20:30
源泉名:八幡平温泉マグマの湯 泉質:単純硫黄温泉 低張性弱酸性高温泉 PH4.3
成分表より:高温泉のため浴槽湯交換時加水あり 通常温泉掛け流し
宿泊もできます。
[PR]

by tabistyle | 2006-09-08 13:59 | 温泉 岩手
2006年 09月 04日

かくのだて温泉

みちのくの小京都、角館。
武家屋敷が立ち並び、春は桜が美しい街です。
桧木内川沿いの桜並木、武家屋敷の通りのしだれ桜はとても美しいです。
骨董を眺めたり、クラフトをあれこれ品定めしたり、おいしいお店があったりと
歩いてゆっくりと楽しむことができる街です。

そんな街の中にかくのだて温泉があります。
こちらはきれいな温泉施設。

c0091363_15544865.jpg
武家屋敷の通りから歩いていけるので、観光に疲れたらゆっくりと汗を流すのもいいかもしれませんね。

男女別の内湯があります。広間(別料金で300円だったかな)もあるので休憩も可能です。

c0091363_15564188.jpg
透明なお湯が掛け流されています。内湯は結構広いです。
写真はまた湯気にやられている・・

洗い場には飲泉所が。びみょうなお味と言っておきます(笑)
こちらにいらっしゃる時はぜひ角館の街も散策してみてくださいね。いい街ですよ。

源泉名:淡渓の湯 泉温:51.3℃
泉質:カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
入浴料:500円 駐車場あり
[PR]

by tabistyle | 2006-09-04 16:17 | 温泉 秋田
2006年 08月 30日

川原の湯っこ

秋の宮博物館のところに看板があります。

c0091363_1445329.jpg
秋田の方言ではいろんなものの最後に「っこ」がつきます。
「お茶っこ飲んで」なんてよく言いますね~。
「湯っこ」はもちろんお湯のことです。

c0091363_14531761.jpg
案内にしたがっていくとすぐ川原に。
川の流れの横になにやら温かい雰囲気がしております。

c0091363_14542244.jpg
早速足を入れてみちゃいます。
おお、ぬるいトコ冷たいトコいろいろあります!
適温を探すのが難しいっ。

c0091363_14555091.jpg
こんな感じでお湯が湧いています。
今写真を見ると・・・どこから湧いてるの?って感じですが・・・
(自分で撮ったのにわからなくなっている。ぼけ?)

c0091363_14565660.jpg
なんとなくその気になったあなたのために!
露天風呂拡張道具は様々に備え付けてあります。
一大土方工事をしてみるのも楽しいかと・・・。

こちら、秋の宮博物館とセットでお楽しみくださいませ。
[PR]

by tabistyle | 2006-08-30 15:03 | 温泉 秋田
2006年 08月 29日

小屋の沢温泉

国道282号線の安比スキー場より少し盛岡寄りにあります。

ここは国道沿いにある温泉。でも国道から見えるのは看板と赤い屋根だけ・・。
結構「謎の温泉」・・・・の雰囲気がかもし出されています。

c0091363_10403618.jpg
そのせいなのかスキー好きの方に「小屋の沢温泉行ったことある?」と聞いても「そういえばないよ!」という返事ばかり・・・。うーむ、情報収集もできず・・。
私も今まで何度、いやいや何十度ここの前を素通りしたことか。


c0091363_10493548.jpg
そしてついに探索の日が!!
その日は雪深かった・・・。

この辺は結構雪が降ります。冬は安全運転にて。

c0091363_10501494.jpgc0091363_10505181.jpg

こちらが入り口です。中に入ると薪ストーブが。

c0091363_10514076.jpg
無色透明な鉱泉をボイラーで沸かしています。
蛇口から出ているのが源泉です。
すぐそばに花輪線が通っているのですが、
その線路向かいから自然湧出しているのだそうです。
この温泉は昔から湧いていて肌がとてもつるつるになるのよ、
と宿の方が話してくれました。

c0091363_10531315.jpg
とてもシンプルな浴室。

・・・・・ってほとんど写ってない(汗)
湯気のいじわる・・。


この静かな雰囲気は盛岡~安代間では、穴場的存在でしょうか。
スキー帰り・高原で遊んだ帰りに良いですよ!
こちら、民宿なのでもちろん宿泊もできますよ~。

源泉名:小屋の沢温泉 薬の湯
PH:7.9
入浴時間:9:00~20:00 入浴料:450円
[PR]

by tabistyle | 2006-08-29 11:07 | 温泉 岩手
2006年 08月 24日

御所湖温泉 ホテル花の湯

盛岡の奥座敷(なのか?)繋温泉から鶯宿温泉方面へ車で5分。
1軒宿の御所湖温泉ホテル花の湯があります。

この界隈は、網張温泉・国見温泉・滝の上温泉など良いお湯が多い地域。
そのせいなのか、あまり話にあがることはないのですが、実は御所湖温泉もとてもいいお湯なんです。

c0091363_10153017.jpgc0091363_10154143.jpg

左の写真が外観です。右の写真が浴室を外から撮ったところ。露天風呂の上はガラスのやねがかかっています。
入浴料は800円。近隣の鄙び系温泉に比べるとちょっと高いかな・・。
(近場では繋温泉の一部ホテル、雫石プリンスなどがちょい高め)
脱衣所はとてもキレイでドライヤーもあります。

c0091363_10195228.jpg
内湯は一つ。薄く黄色っぽい、すこーしだけたまご臭のするお湯がかけ流し。洗い場の床を静かにお湯が流れています。そして入るとぬるつるっとした感触がすぐわかります。これがいいんですよね!PH9.1のアルカリ泉です。

c0091363_10211270.jpg
露天風呂は1ヶ所。内湯より少しぬるめで長くつかっていられます。量は内湯より少ないですがもちろんかけ流し。

今日は素肌に陽射しを浴びすぎちゃったな~、なんて時入りたくなる温泉です。
ぬるつるっとしてると、肌も回復するような気がして(笑)

c0091363_10335467.jpg
多分看板犬。

夏は玄関のとこをくわがたが歩いてました。
つかまえずに帰ってきました。


源泉名:御所湖温泉 大勲の湯
泉質:アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)
泉温:45.5℃ PH:9.1 湧出量:183L/min
入浴時間:10:30~19:00 入浴料:800円

2007.1月追記
c0091363_1122896.jpg
露天風呂に入っているとこんな眺めです。
岩手山や御所湖が見えないのが残念。

c0091363_1123834.jpg
湯口には白いもやもやっとした析出物がついています。
これ「蛇の湯」でも見たんですよねえ・・。硫黄成分なのかな?
内湯の湯口にもついていますよ。

[PR]

by tabistyle | 2006-08-24 10:40 | 温泉 岩手
2006年 08月 21日

秋の宮温泉 秋の宮博物館

秋の宮温泉にある秋の宮博物館です。
こちらはレトロな展示物をみることができるうえ、温泉も入れちゃう博物館です。
入館料は500円(温泉も料金に含まれます)

c0091363_1652398.jpg

温泉は貸しきり制になっていて、前の方が入っている時は待つことになります。
いった時はちょうど空いていたのでまっすぐ温泉へ・・。
階段を下りていった川沿いに浴室があります。階段を下りていく温泉ってなんだかわくわくするんですよね。
c0091363_166529.jpg

コンクリートの浴室に、岩をくりぬいた湯船が2つ。なんともいい雰囲気。
少しあつめの透明なお湯で、すべすべ感があります。
脱衣所はいたってシンプル。「ご入浴のかたは30分以内でお願いします」という張り紙があります。
ここは昔旅館だったそうです。その部屋を活かして博物館にうまれかわったのですが
これがまたすごいんですよ。

c0091363_16162770.jpgc0091363_16164118.jpg

鉄ちゃんコーナーに駄菓子屋コーナーですよ。
他にもレトロなものが雑然とおかれていてあやしげな雰囲気です。
本気で見ると結構な時間がかかります。お気に入りな物を探してみてださいね。

外にはテラス?というには微妙な感じの場所があり、お茶とお菓子のサービスがありました。
ごちそうさまでした!

泉質:弱食塩泉
営業時間:9:00~17:00
入館料:500円
[PR]

by tabistyle | 2006-08-21 16:26 | 温泉 秋田