<   2006年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2006年 12月 30日

来年もよろしくお願いいたします。

c0091363_1022254.jpg
今年はブログをはじめて、いろいろな方と交流できたことが一番の思い出です。
いろいろありがとうございました。
来年もゆるく楽しくいきましょう!

皆様よい年末年始をお過ごしくださいませ!
[PR]

by tabistyle | 2006-12-30 10:05 | いろいろ
2006年 12月 28日

「北東北 日帰り温泉」

今年も「北東北 日帰り温泉」が発売になりました。
12月23日に発売だったようですが、私の住む辺りでは昨日から書店・コンビニで
目にするようになりました。

c0091363_9151252.jpg
今年は286湯で、無料入浴・入浴料割引・タオルプレゼントなどなどのたくさんのサービスがあります。
定価は980円。北東北在住の方、北東北へ湯めぐり予定のある方にはおすすめの1冊です。
今年は個人的に青森のサービスが魅力的。青森へ足を伸ばすことが多くなりそうです。
そういえば、岩手県紫波町のデイリーには2006年度版が2冊残っています。買い間違えのないようお気をつけて(笑)
[PR]

by tabistyle | 2006-12-28 09:19 | ご案内
2006年 12月 27日

追記しました

岩手県盛岡市の日本料理梓に追記しました。
そういえばこんな特典があった!・・・ということで。
[PR]

by tabistyle | 2006-12-27 10:44 | いろいろ
2006年 12月 25日

皆様へ

c0091363_175380.jpg
よいクリスマスをお過ごしくださいませ。
私は風邪引きクリスマス・・・
サンタさん。よく効く風邪薬を・・・。
[PR]

by tabistyle | 2006-12-25 17:05 | いろいろ
2006年 12月 25日

太古の息吹

八幡平の樹海ラインを車で走っているともうもうと湯気が見えてきます。

c0091363_15213592.jpg
それがこちら。
太古の息吹です。熱い温泉がぼこぼこと湧き上がっています。
玉子を持ってきて温泉玉子(温泉がかなり熱いので黄身は固くなりますよ)作りを楽しめます。かごは現地に置いてありました。ほんとに熱いお湯なので火傷にはご注意を!

c0091363_15241730.jpg
お湯は結構黒いんですよね~。
お湯はすぐ横にある沢へと流れ込みます。たくさん湧いている温泉を見てがまんできなくなり、どーにかしてお湯につかる方もいらっしゃいます。(なにかしら道具を持参しましょう)
ちなみにちょっと上にある駐車場からよーく見える場所なので、周りだけでなく上方向も注意しましょう(笑)
[PR]

by tabistyle | 2006-12-25 15:27 | 温泉 岩手
2006年 12月 21日

日本料理 梓

盛岡のつなぎ温泉にあるホテル大観直営の日本料理屋さんです。

c0091363_1735720.jpg
落ち着いた店内です。
長いカウンター、小上がり、座敷があります。
夜はちょっとお高めなので足を踏み入れたことがないのですが、ランチはかなりお徳なんです。
静かな雰囲気の中ゆったり食べるお昼もいいものですよ。

c0091363_17364828.jpgc0091363_1737269.jpg
ランチは日替わりです。この写真の2枚は違う日のものです。
左が鱈のみぞれ鍋の日で(プチオフで食べた時のです)右が春巻きですね。
メイン以外に茶碗蒸しと小鉢が3品、水菓子と食後に珈琲がついて787円ですよ。
あと3品位増えたら旅館の夕食っぽいですね(笑)


c0091363_17393275.jpg
ランチのほかにも週代わり御膳や稲庭うどんのセットなどもあります。

c0091363_17402385.jpg
私がこのお店で気に入ってるのがこの座布団!ほかっとしてて高級旅館に来たようなんですよ(笑)
ちなみに小上がりは掘りごたつ式で床暖房が入っております。あったかーい♪

湯めぐりの途中に行くには、ちょっと不便ですが盛岡市内中心部を通る際はランチにどうぞ。温泉旅館の食事の気分がちょっとだけ味わえるかも!?(笑)
盛岡市内大通りのアーケードに面した京藤ビル(1階が呉服屋さん)の2階です。

追記・・・・・・・・
3千円以上の食事で、ホテル大観の入浴券がいただけるようです。あらお得・・・・!
[PR]

by tabistyle | 2006-12-21 17:47 | 食べる 岩手
2006年 12月 20日

回転鮨 清次郎

c0091363_1012682.jpg
盛岡市清水町にある「田清魚店」がはじめた回転鮨です。
1店舗目は盛岡市内だったのですが、とにかく行列!続きでした。
1時間待ちもざらでしたね~。
今は店舗数も増え、だいぶ混まなくなってきたように思います。
(いつのまにか仙台や弘前にもあります)

c0091363_1051672.jpgc0091363_1052777.jpg
まぐろはおいしいし、白子はとろとろでした!冬は白子の季節ですね~♪
魚屋さん経営ということで、季節によりめずらしいネタも見ることができますよ。
お昼時はお得なランチセットもまわっているようです。
4号線沿いや盛岡駅など便利な場所にありますので、湯めぐりの移動中に良いですよ。
(現在の店舗:盛岡・盛岡駅フェザン・イオン盛岡南・北上・水沢・弘前・仙台泉)
[PR]

by tabistyle | 2006-12-20 10:12 | 食べる 岩手
2006年 12月 18日

看板のないラーメン屋

秋田県の角館。
みちのくの小京都と呼ばれる街に看板がないラーメン屋さんがあります。

c0091363_15574864.jpg
そこがこちら。
ほんとに民家です・・・・。知らないとここにはたどり着けません(笑)
入るにはかなりの勇気が必要です。
玄関の横の窓から、うっすらと材料と思われるダンボール箱が見えるだけ。

でもでも、勇気をふりしぼって玄関を開けてみましょう!

c0091363_160924.jpg
中に入るとカウンターがあるだけです。
無事ラーメン屋さんだったことにちょっとほっとしたりして(笑)
ちなみにお店の名前は「伊藤」といいます。

c0091363_1605938.jpg
メニューは肉そば650円とそば500円の二つだけ。ちなみに大盛りは100円増しになります。このドアの向こうに厨房があります。店主が一人で切り盛りしているお店です。
この日は食事としては中途半端な時間だったので誰もいませんでしたが、お昼時は待っている人がいる人気店です。看板がなくてもたくさんの人がいらっしゃるんですよ。

c0091363_1641284.jpg
こちらが肉そばです。具がネギと肉だけ。シンプルです。ちなみにそばはネギだけです。
スープが少なめなのが特徴です。麺は中細のストレート麺。スープは煮干の味がほんとにしっかりとしています。お客さんのほとんどの方がスープを飲み干していかれますよ。魚介系のラーメンがお好きな方におすすめいたします。
場所は角館のワンダーモールの交差点を東側に入ったトコです。外見を目印に探してくださいね。
ちなみにかくのだて温泉・水沢温泉などが近いです。

昨日初めて知ったのですが、こちらは東京に支店があるそうです。(かなり驚いた・・・)
角館の店主の弟さんが腕をふるっているそうですよ。
お店の名前は「中華そば 伊藤」だそうです。
[PR]

by tabistyle | 2006-12-18 16:17 | 食べる 秋田
2006年 12月 16日

鳴子温泉 東多賀旅館

c0091363_14554916.jpg
西多賀旅館・東多賀旅館は隣同士の温泉です。
では東多賀旅館をご紹介します。

c0091363_14571493.jpg
玄関を入って奥に向かうと浴室があります。廊下はほんのり硫黄の香りです。
入り口には湯治こよみが書かれたのれんが。
今月(12月)師走は冬湯治、ですよ!
こののれんの向かいに、小さいながらも休憩できる畳スペースがあります。

c0091363_14593659.jpg
さて早速入ってみると木の浴室に白いお湯がたっぷり♪
まだお湯に入る前からワクワク感がたかまりますよ~。
早速入ってみると、私にはちょうど良い熱さ。気持ちいいですね~。
「ふーーー」と声がでちゃうような感じ。(←わかります?)
6人も入れば満杯?という位のサイズの湯船です。

c0091363_1543531.jpg
シンプルな湯口から静かにお湯が流れています。
「換気に気をつけて」ということで窓は開け放たれていました。
湯船のすぐそばにも通気口があります。
ただただのんびりと、お湯を楽しむのにとってもいいところですよ!
西多賀と東多賀。お隣なのにこんなにお湯が違うってほんと不思議です!

源泉名:東多賀の湯1号泉 泉温:45度
泉質:含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉 低張性弱酸性高温泉
入浴時間:10:00~20:00
入浴料:500円(湯めぐりチケット2枚)湯めぐりチケットは6枚で1,200円
[PR]

by tabistyle | 2006-12-16 15:11 | 温泉 宮城
2006年 12月 12日

鳴子温泉 西多賀旅館

c0091363_22165682.jpg
西多賀・東多賀はお隣あわせの旅館です。
ところがお湯は全然違うのです。
まずは西多賀から行ってみます。

c0091363_22242793.jpgc0091363_22244267.jpg
帳場と廊下の様子です。
古くなりつつある旅館ですが、いろんな小物を飾ったり、とてもきれいにしています。

c0091363_22255767.jpg
内湯×各1です。
四角い湯船には白薄緑のお湯が。
あぶらっぽい匂いもまじる硫黄の香りです。
んーー、きもちいいのです。

c0091363_22412120.jpg
こんな感じの透明度です。
西多賀の湯、とってもいいな~と思うのです。
しかし私、この手のお湯に弱い!
(湯あたりしやすいのです・・・・)
まだ先があるということで、早々とあがり玄関のソファでまったりしていたのでした。


源泉名:西多賀の湯 1号
泉質:含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩-硫酸塩泉(硫化水素型)
入浴時間:10:00~18:00
入浴料:500円(湯めぐりチケット2枚 湯めぐりチケットは1,200円で6枚)
[PR]

by tabistyle | 2006-12-12 22:47 | 温泉 宮城