Tabi Style

tabistyle.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:温泉 岩手( 17 )


2007年 07月 23日

安比温泉

何年ぶりかで安比温泉に行ってきました。
思い返してみたら、初めて行った野湯は安比温泉かも?

c0091363_16391693.jpg
安比の中のまきばから林道へ。終点のダムから歩くこと40~60分位かな。
途中渡渉(川渡り)がありますが、渡った後にピンクリボンを見落とさないようにしましょうね。
立派な湯船にお湯がなみなみと。肩までしっかり入れて適温で快適!
・・・でも以前に比べて湯温があがった気がするのは気のせいですかね??
c0091363_16431428.jpg
ここが湯口。パイプを置いて浴槽にお湯を入れています。
安比には野湯が3つありますが、一番行きやすいのがここだと思います。
草の湯は歩く距離が短いですが、車で林道を走る時間が長いです。
新草の湯は結構ハードな急坂を登り下り。

「3つ1日で行ける?」と聞かれることがありますが、3つを1日で行くのは結構ハードかも!
[PR]

by tabistyle | 2007-07-23 16:58 | 温泉 岩手
2007年 03月 26日

横沢冷泉 静峰苑

岩手県の川井村はとっても広くて自然が多い村です。
盛岡市→川井村→宮古市と国道106号線が通っていて、その宮古寄りの川井村に
横沢冷泉 静峰苑があります。

c0091363_17593233.jpg
国道106号線から約5km入ったところに横沢冷泉はあります。
大きな屋根を使った看板が目印。国道の入り口付近、道の途中にもいくつか看板が立っています。
c0091363_181295.jpg
男女別の内湯は「薬師」と「早池峰」と名前がついています。どちらも岩手の山の名前からとられています。
脱衣室にはドライヤーもおかれていますよ。
c0091363_1825833.jpgc0091363_20223181.jpg
浴室には湯船が一つ。適温に温められたやわらかいお湯です。
少しだけ白っぽく見えるのは私の気のせいなのかな~?
上がってもぽかぽかするお湯ですよ。シャワーが2つとカランが数個。十分な数です。
窓の外には鈴久名川。小さな川ですが尺近いイワナやヤマメも釣れるいい川です。

c0091363_20164464.jpgc0091363_2017193.jpg
休憩できる大広間があります。ストーブも置いてあってあったか。
ポットには温か麦茶、お湯、水が準備され、お茶セットもあります。うれしいですね。
ここは食事もできてラーメンが450円でおにぎりと漬物付。昼だけではなく夜も食事ができますよ。

c0091363_20205295.jpg
気になる一品はこちら。横沢冷泉小唄のレコード!
残念ながら流れてはおりませんでした(笑)

こちらは小さな山の宿です。宿の方は皆さん親切でとても好感が持てます。
国道106号線を通ったときにぜひ寄り道して運転の休憩をどうぞ。


入浴料:450円 大広間休憩できます。 入浴時間:10:00~20:00
1泊2食つき 6,500円 素泊まり 3,500円 
[PR]

by tabistyle | 2007-03-26 20:30 | 温泉 岩手
2007年 03月 08日

不動温泉 百万石

矢巾町にある地元の方に人気の温泉です。

c0091363_17432688.jpgc0091363_17433978.jpg
お休みの日の夕方前に行きましたが、休憩室はいっぱいでした。食事もできますよ。
男性の浴室は丸湯船だそうですが(うらやましい←丸湯船好き)女性の浴室の湯船は
四角です。男女の交代も昔はあったけど今はないようですね・・・?(知ってる方いるかな)

お湯は単純温泉で少しぬるりとした感触があります。
盛岡市内のスーパーホテルではこちらの温泉が使われていますよ。
HPを印刷していくと100円引きだそうです。ちょっとだけお得情報!

源泉名:不動温泉 百万石 泉質:単純温泉(低張性弱アルカリ温泉) PH:8.4
日帰り入浴料:500円 
入浴時間: 平日 AM 9:00 ~ PM 10:00(受付 PM 9:00まで)
       土日・祝祭日 AM 6:00 ~ PM 10:00 (受付 PM 9:00まで)
[PR]

by tabistyle | 2007-03-08 17:51 | 温泉 岩手
2007年 02月 08日

つなぎ温泉 湖山荘

盛岡の奥座敷?つなぎ温泉で1軒離れたところにあるのが湖山荘です。

c0091363_15313141.jpgc0091363_15314451.jpg
入り口の門、玄関はとても立派なたたずまい。
門の前には温泉が注がれる池?(なんだろあれ・・)があります。
宿に入る前から硫黄の香りがいっぱいで温泉に来たなあってワクワク感がありますよ。

c0091363_15333511.jpgc0091363_15335180.jpg
玄関を入って左側奥の右手に内湯があります。
ここは御所湖が眺められるレイクビューの浴室です。なんだかいいですよね♪
ぬるっとした感触のあるお湯で気持ちいいです。

c0091363_15365598.jpgc0091363_1537135.jpg
湯口からのお湯はそんなに量が多くありません。
ゆっくり静かに掛け流されています。
身体を洗っていてもふと見ると湖・・・なかなか良いですよ。

c0091363_15431491.jpg
清潔な脱衣所です。木のカウンターっていいですね。好きです。

c0091363_16131173.jpg
玄関の横には足湯が。かなり広いんですよ。露天風呂へ行く通路近くまであります。


この後は大きな露天風呂のご紹介です
[PR]

by tabistyle | 2007-02-08 16:12 | 温泉 岩手
2007年 02月 05日

松川温泉 峡雲荘

八幡平樹海ラインの入り口にたたずむ松川温泉。
3軒のお宿がありますが、その一つ「峡雲荘」です。
(赤川の下流から松楓荘・松川荘・峡雲荘の順番で並んでます)

c0091363_19565414.jpg
今年は暖冬ですが、やっとたくさんの雪が降りました。
風がびゅーびゅーで寒かった~!

c0091363_200234.jpgc0091363_2001771.jpg
昨年改装を行いすっかりきれいになりました!
フロントはどこかのステキな宿みたいで、ここが松川温泉とは思えない位ですよ。
ロビーには囲炉裏があります。お風呂の後はここでまったりです。

c0091363_19591447.jpgc0091363_19593254.jpgc0091363_19594625.jpg
こちらは秘湯を守る会のお宿です。
片隅にはロッキングチェアが置かれ、雪を見ながらのんびり・・・しようと思ったけど、
ロッキングチェアって後ろに揺らすのが怖くて(笑)
なんとなく倒れそうな気がしません?(私だけか?)
一番右はお風呂に続く廊下です。改装前を知ってる人がみたらびっくりですよね。

そしてお気に入りを発見!
[PR]

by tabistyle | 2007-02-05 20:35 | 温泉 岩手
2006年 12月 25日

太古の息吹

八幡平の樹海ラインを車で走っているともうもうと湯気が見えてきます。

c0091363_15213592.jpg
それがこちら。
太古の息吹です。熱い温泉がぼこぼこと湧き上がっています。
玉子を持ってきて温泉玉子(温泉がかなり熱いので黄身は固くなりますよ)作りを楽しめます。かごは現地に置いてありました。ほんとに熱いお湯なので火傷にはご注意を!

c0091363_15241730.jpg
お湯は結構黒いんですよね~。
お湯はすぐ横にある沢へと流れ込みます。たくさん湧いている温泉を見てがまんできなくなり、どーにかしてお湯につかる方もいらっしゃいます。(なにかしら道具を持参しましょう)
ちなみにちょっと上にある駐車場からよーく見える場所なので、周りだけでなく上方向も注意しましょう(笑)
[PR]

by tabistyle | 2006-12-25 15:27 | 温泉 岩手
2006年 11月 24日

滝の上温泉 滝峡荘

今年の最後の営業日におじゃましてきました。
(写真は以前に撮ってたものです。昨日はほとんど撮らずでした・・)

c0091363_17554493.jpg
入り口を入って右に曲がると浴室につきます。
正面が女湯です。

c0091363_17564463.jpg
こちらが女湯。
湯船の中の手前に一段あります。
浴室は広くないんですがその空間がとても安心する感じ。
他のお客さんとの距離感がちょうど良く、自然と会話が始まっていきます。

お湯は「ふうーっ・・・」って思わず口に出る気持ちよさです。
硫黄の香りの白濁したお湯。こういうお湯好きなんです。
お湯からあがってもほかほかーってしています。

c0091363_180469.jpgc0091363_1801943.jpg

お湯はもう一ヶ所からも湯船にそそがれています。
床には滑り止めがあります。

余計な物がなく、とてもシンプルなところがいいなあって思います。
管理人さんのお人柄で、たくさんの温泉好きの方が集まる宿です。

源泉名:滝の上温泉 滝峡荘(ラジウムの湯)
泉質:単純硫黄泉(硫化水素型)(低張性弱酸性高温泉)
入浴料:400円 入浴時間:8:00頃から?
冬季休業です。
滝峡荘の今の情報は、岩手のまこさんのサイトに載っていますのでぜひご覧下さい。
[PR]

by tabistyle | 2006-11-24 18:13 | 温泉 岩手
2006年 10月 30日

奥藤七温泉

野湯。
温泉好きな人にとってはごく普通の言葉ですが、そうでない人にとっては
結構謎の言葉のようです。
「休みは何してたの?」「ん?野湯行ったよ」「え?野湯って何?」
「宿じゃないけど温泉がわいてるとこ・・」「えーー!!どうやって入るのそれ!!」
と、驚かれることもあります。

今年行った野湯です。
八幡平の藤七温泉の200m位上にあります。道路からは2分位でつきます。

c0091363_23102017.jpg
全景はこんな感じ。手前と奥に一つずつ湯船があります。
手前の湯船には下に板のようなものが敷いてあります。
どちらにも沢水を引くパイプが届いています。

c0091363_23134567.jpgc0091363_23135934.jpg

こちら手前の湯船。
板を敷いていない部分からぼこぼこ熱いお湯がわいてます。


c0091363_2315460.jpgc0091363_23152299.jpg

こちら奥の湯船。
こちらがわは温度が安定してないことが多いような?
底の泥が多いです~。


c0091363_23165160.jpg
底の泥です。
ここは道路から近いですが、さえぎる物もないので丸見えでもあります。
奥藤七温泉は湯船や周辺にすごく熱い部分などもありますのでご注意のほど!
[PR]

by tabistyle | 2006-10-30 23:26 | 温泉 岩手
2006年 10月 18日

国見温泉 国見山荘

国見温泉には日帰り入浴できるところが3軒あります。
石塚旅館・森山荘・そして国見山荘。
お湯は石塚旅館と森山荘(森山荘が石塚旅館からの引き湯)が一緒で、
国見山荘は独自の源泉になります。

国見山荘は雫石町の町営の日帰り施設です。
国道46号線から国見方面に上ってくると、一番最初に目にする建物です。
入浴料は雫石町民は310円、その他から来た人は630円。
雫石町民が優先で、のんびりできる料金設定のようですね。

c0091363_18564687.jpgc0091363_18574734.jpg

脱衣室はとってもシンプル。内湯が男女一つずつあります。
石塚旅館より少し白みがかった緑色のお湯です。
内湯には湯船があるだけで他には何もありません。そこが、またすごくいいんだな。

c0091363_18585838.jpgc0091363_18591636.jpg

お湯がゆっくりとかけながされています。お湯の濁り具合わかりますか?
国見臭もお湯の肌へのあたりも石塚旅館よりマイルドな感じがします。

c0091363_1905245.jpg
窓からの光を眺めながらゆっくりとつかります。
ふにゃふにゃ~と力が抜けてすごくまったりとします・・。
きもちいいなあ・・。

和室の休憩所には、毛布や枕、マンガ、お茶のセットもおかれています。
食べ物の持込が自由なので、地元の方がお茶をのみおやつを食べながら
ゆっくりと本を読んだり仮眠したりしていました。
とても心地よく休むことができましたよ。

ちなみにここでの長湯にかなりノックアウトされ、この日はものすごく早い
就寝時間でした(笑)
ほんとに身体にガツンとくるお湯でした!

源泉:国見温泉 町営緑の湯   泉温:44.7℃  PH:6.9
泉質:含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉(硫化水素型) 低張性中性高温泉
入浴料:雫石町民310円 その他の方 630円
営業時間:10:00~20:00 原則として火曜休み(休日の場合はその翌日)
       5月15日~11月5日(冬はお休みです)
[PR]

by tabistyle | 2006-10-18 19:15 | 温泉 岩手
2006年 10月 16日

八幡平温泉郷 ペンション秋

岩手の食材にこだわったおいしい料理が食べれて温泉のある宿があるらしい。
そんなうわさを耳にして遊びに行ってきました。

岩手県八幡平市の八幡平温泉郷にある「ペンション秋」です。
ここは1日に2組しかお客様をとらない宿。
2階は階段をあがると両側にお部屋と洗面&トイレ。
1階にはダイニングルームと、2つの浴室があります。
つまりお風呂も洗面も、各部屋専用につくられているのです。
チェックインすると自家製のおやつとお茶のサービスがあります。

お風呂は八幡平のマグマの湯。八幡平温泉郷に配湯されている温泉です。
自分達のためだけに、湯船にお湯がはられます。

c0091363_19572761.jpgc0091363_19574477.jpg

「ふー」って思わず口にしてしまう心地よさです。少し硫黄の香りがします。
洗い場にはシャワーが2つ。ちなみに脱衣室には洗面台が2つあります。

夕暮れ前のゆっくりとした温泉タイムが終わったらお楽しみのごはんです。

c0091363_2012062.jpg
ダイニングルームには囲炉裏テーブルが2つ。
食事の時間にはジャズが流れている大きなスピーカーが。

部屋の隅には、岩手のお酒がずらりと並んだ冷蔵庫があります。
日本酒がメインです。
ビールは盛岡のベアレンが各種ありました。
むーーー、どれを飲もうか本気で迷いますっ!!(笑)


c0091363_21572956.jpgc0091363_2158687.jpg

選んだのは岩手のお酒の利き酒セット(もちろんその前にビールもいただく)
そして途中で前沢牛のにぎりが~!きらきらだよ~!

c0091363_21593171.jpgc0091363_215943100.jpg

囲炉裏テーブルでゆっくりと焼き物タイム。岩手県産の野菜たちにもちろん前沢牛♪
これ以外にも、懐かしい玉子焼きやおいしい前菜などなど、食べきれないほどです。
(もちろん全部食べる)
うーむ至福の時・・・。

部屋は広い和室に広縁がついています。広縁にはテレビやビデオ、漫画なども。
ソファがあってゆっくりと過ごすことができます。

朝は希望すればまたいれたて温泉に入ることができます。
お楽しみの朝食は手づくり焼きたてパン。そこにはちみつをとろーり。

c0091363_2262126.jpgc0091363_2263229.jpg

パン好きのテンションはあがりっぱなしです(笑)
食後の珈琲はネルドリップ。紅茶もポットサービスです。
おなかが大満足の宿泊となりました。

こちらのお宿はご家族で経営されています。
高級旅館のようなおもてなしを、ペンションという場で楽しむことができます。
1泊2食で1万円しないのにはびっくりな感じでした。
(結構お酒飲んだので私はそれじゃすみませんが・・・(笑))
とてもステキな宿でした!
[PR]

by tabistyle | 2006-10-16 22:16 | 温泉 岩手