2006年 11月 17日 ( 1 )


2006年 11月 17日

鳴子温泉郷 鳴子温泉 ゆさや旅館

鳴子温泉郷の中で一番入湯が少ない場所、それが鳴子温泉でした。
今回は、そんな鳴子温泉もやっと歩き回ることができました。

よく雑誌でみかけていて一度行ってみたかった温泉・・・。
それがゆさや旅館でした。

c0091363_2053358.jpg
歴史を感じさせる外観ですね。
早速中に入ると、フロント周りも落ち着いた感じ。
古いけど、良い古び方(なんとなくわかりますか???)なのです。
入浴を申し込むと「只今の時間は女性は小浴場になりますがよろしいですか?」と。
よくわからないけれど「はい」と答えて浴室に向かいます。

c0091363_2056461.jpg
お風呂をのぞいてみると・・・・
あれ??雑誌で見てた湯船と違う・・・そうか男湯があの湯船なのか・・。
軽いショックを受けながら入湯。
お湯は「うなぎ湯」の名のとおりぬるっとした感触。
中山平付近よりぬる感は強くないですが、鳴子温泉でもこんなお湯があるんだな~と感心しながら入ります。
結構・・・・熱かった!(笑)

どうしてもあの浴室が見たくて、誰もいない男湯をのぞいてみました(笑)

c0091363_210218.jpg
これこれ!
これが私が思っていたゆさや旅館の湯船です!!

c0091363_211059.jpg
もう一つある湯船と色が違います・・・。
うわーー!!入ってみたい!!
と、思ってフロントで聞いてみたところ・・・・
「日帰り入浴では女性は小浴場になります」
・・・・・・がーーん・・・・ Σ(゚д゚lll)

c0091363_2122776.jpg
そしてフロントには一枚のパンフレットが・・・。
「あれ?露天風呂あるんですか??」
「そちらは宿泊者専用の露天風呂になります。」
・・・・・・がーーん・・・・ Σ(゚д゚lll)
(写真はパンフを写しました)

というわけで、ゆさや旅館は「いつか宿泊」という課題ができました(笑)
ちなみに宿泊するとお隣の滝の湯にも入ることができるそうです!

小浴場源泉名:新うなぎ湯3号 
泉質:含硫黄-ナトリウム-硫酸塩泉 低張性アルカリ性高温泉
入浴時間:12:00~15:00
入浴料:500円(湯めぐりチケット2枚)湯めぐりチケットは6枚で1,200円です。
源泉率:約90%(浴槽水の入れ換え時に水を加えています。それ以外は源泉かけ流し)
[PR]

by tabistyle | 2006-11-17 21:12 | 温泉 宮城