2006年 09月 04日

かくのだて温泉

みちのくの小京都、角館。
武家屋敷が立ち並び、春は桜が美しい街です。
桧木内川沿いの桜並木、武家屋敷の通りのしだれ桜はとても美しいです。
骨董を眺めたり、クラフトをあれこれ品定めしたり、おいしいお店があったりと
歩いてゆっくりと楽しむことができる街です。

そんな街の中にかくのだて温泉があります。
こちらはきれいな温泉施設。

c0091363_15544865.jpg
武家屋敷の通りから歩いていけるので、観光に疲れたらゆっくりと汗を流すのもいいかもしれませんね。

男女別の内湯があります。広間(別料金で300円だったかな)もあるので休憩も可能です。

c0091363_15564188.jpg
透明なお湯が掛け流されています。内湯は結構広いです。
写真はまた湯気にやられている・・

洗い場には飲泉所が。びみょうなお味と言っておきます(笑)
こちらにいらっしゃる時はぜひ角館の街も散策してみてくださいね。いい街ですよ。

源泉名:淡渓の湯 泉温:51.3℃
泉質:カルシウム・ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
入浴料:500円 駐車場あり
[PR]

by tabistyle | 2006-09-04 16:17 | 温泉 秋田


<< 温泉銭湯 中島館      川原の湯っこ >>